寮付きの求人を利用すれば家賃なしで働けます

スーツのウーマン

会計の需要

内定通知

一般企業も海外進出を考え、税など財務や会計に精通している人材を探しています。そのため会計に係る資格を持つ公認会計士や税理士にとっては需要が高まっています。従来の業務だけでなく、一般企業からのニーズも増え会計士においては転職先が多くなってきています。会計士の転職において難易度と手間を考慮すると、まず転職先候補として挙がるのが監査法人でしょう。最も会計士の経験スキルを発揮できる仕事です。転職しても前職からあまり変わらないという人もいるかもしれませんね。スキルや経験に問題がないので、通りやすい求人と考えられます。その次に、一般企業会社です。会計に精通しているスペシャリストが少ないことから、会計士や税理士など精通した資格を持った人材を募集しているところが多くあります。その理由としては先に述べたように海外進出や株式など会社を大きくすることや、会計関連で仕事ができる人を探している傾向があります。企業経験がなくてもポテンシャル起用している企業も多くあり、居場所に馴染めるかがポイントかもしれません。次に財務コンサルティングや会計系コンサルティングのお仕事。企業や金融機関への業務支援を行なうコンサルティング業務です。監査経験や企業の主査経験、プロジェクトマネージャー経験などがあると重宝されるようです。税理士法人系コンサルティングでは企業への税務や会計支援になり、場合によっては税理士資格を必要とする業務が依頼されるため、資格取得が必要と考えられます。勤めながら取得するか、先に取得して準備が必要でしょう。リーマン・ショックで話題にもなったのが、金融系コンサルティングです。金融機関系のコンサルティングやマネジメントなどを行なうのですが現在は、リーマン・ショックの警戒から求人数がかなり少ないようです。