寮付きの求人を利用すれば家賃なしで働けます

スーツのウーマン

工事会社の仕事

スーツと履歴書

工事現場や管理の現場で求められる現場監督。現場監督の仕事においてはかなり幅広い内容をカバーしなくてはならない場合もあります。中小企業での現場監督採用条件では、さまざまな仕事を任せることから、経験が豊富で管理や資材調達や着工、竣工、手配など一挙に行なうことができるスキルが求められている場合がほとんどです。大きな会社での現場監督の採用の場合は何人かで行なうことで職務内容を分配する方法を取り入れているところもあります。それでも採用時に経験年数や現場監督経験ありを募集採用しているところがほとんどです。採用された現場監督に任せられる仕事としてはまず、工事計画として工程表や予算などの算出や策定を行なうことです。その上で資材の業者へ手配、調達、発注、工程進捗管理に進行スケジュールの管理などの打ち合わせを行ないます。さらにそこから工事着手に竣工、品質や安全管理、引き渡しやアフターフォロー等を行なうことになります。経験と采配能力が重要になるのです。現場監督の給料では相場として平均45万円前後(月)が最も多いようです。大体年収としては500万円以上600万円未満です。コミュニケーション能力と判断力、交渉力など伝える能力や、管理把握の能力が必要になる仕事ですから、業務の手広さも相まって、給料としては責任に比例して高めであると考えられます。現場監督になるには、施工管理技士の資格習得が必要です。これは学歴と現場監督見習い実務の期間がないと受験資格がないので、まずは現場監督見習いとして現場で働くことが必要です。